2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月26日 (月)

中島杯争奪卓球大会が終わりました

■第33回中嶋杯卓球大会が花巻市で行われた。

 この大会は県内の少学生から一般までの選抜されたトップ選手32名による県内の実力NO1を競う大会で

 毎年男女のどちらか一名の日本のトップ選手を招待して開催している。

 今年は昨年の男子全日本学生チャンピオンの下山選手に続いて女子の学生チャンピオン狭間のぞみ選手

 を迎えて開催した。

 結果は男女とも予想通り男子が伊東選手(駒沢大)、女子が狭間選手(大正大)の順当な優勝で終わっ 

 た。

 高校生、又中学生の台頭を期待していたが男子の佐々木(杜若高)選手、小原(専大北上高)選手

 女子は平舟(大野一中)選手が大学、一般選手に勝ち抜き今後の希望を抱かせる結果を残してくれたこと

 は今後に希望を抱かせてくれた。

 記録は以下の通り

  準々決勝
   伊東(駒沢大)  3-0 山内(富士大)
   佐々木(杜若高) 3ー1 滝浦(一関高専)
   立松(アマタケ) 3-0 滝浦(一関高専)
小原(専大北上高)3ー2 大木(富士大)

  準決勝
   伊東(駒沢大)  3-0 佐々木(杜若高)
   立松(アマタケ) 3-1 小原(専大北上高)

  決勝
   伊東(駒沢大)  3-0 立松(アマタケ)

  準々決勝
   狭間(大正大) 3-0 鈴木(専大北上高)
   平舟(大野一中) 3ー0 多田(アマタケ)
   堤内(盛岡女子高)3-2 中川原(一関高専)
 本田(富士大)  3-1 藤澤(奥州クラブ)

  準決勝
   狭間(大正大) 3-0 平舟(大野一中)
本田(富士大)  3-1 堤内(盛岡女子高)

決勝
狭間(大正大) 3-0 本田(富士大)

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙を毎回紹介

 します。

Etegami068

2007年2月25日 (日)

中島杯争奪卓球大会にきています

中島杯争奪卓球大会にきています

第33回中島正郎杯争奪卓球大会で花巻にきています。今年の招待選手は平成17年度女子全日本学生チャンピオンの狭間のぞみ選手です。
今、決勝トーナメントに入ったところです。
結果は明日のブログにてお知らせします。

2007年2月21日 (水)

公認スポーツ指導者の受験対策始めます

■公認スポーツ指導者の試験日が3/25に決まった。

 昨年、専門及び共通科目の講習を約10日間ほど受講してきていたが、その認定試験が

 上記日程に決まった。

 講習を受けてからしばらくたっていることと、科目のボリュームがかなりの量なのでしっか

 り受験勉強をしなくてはと思っている。

 聞くところによれば問題が200問ほどで、ほぼテキスト全般からの出題のようである。

 なんとか、一回で合格をしたいと思っているがハードルも高そうである。

 これからの時間、計画的にテキストを読み返し試験に臨みたいと思っている。

■昨日は、午前中に家でPCの作業を行ってから、午後からは奥州市での倫理法人会の

 県四役会がありそちらに出席してきた。

 法人会の会議も毎月2回ほどあり、毎週の勉強会やナイトセミナーなどと合わせるとこち

 らの活動も結構な時間を占めている。

 この会は私にとって純然たる勉強の場であり、今は自分を磨く修練の場として位置付け

 積極的に参加してきている。

 ともすれば、仕事やスポーツの限られた範囲での活動では物の見方や考え方が狭くなり

 がちだと思っているので、様々な分野の方々のお話や交流はとても勉強になるし良い刺

 激となっている。

 また、数年前からは講師の依頼もお受けするようになり、県内外の各法人会でこれまで

 30回前後の講話も行ってきている。

 なにしろ、ここの教えの一つが指名されたら喜んでハイと返事をしなさいというのがあり、

 これも勉強の実践なのである。

 お陰さまで、この体験も自分にとっては貴重な勉強を積む機会を与えていただいたと感

 謝している。

 昨年からは県の副会長の役もお受けすることになって、会の円滑な運営や普及の仕事

 もお手伝いするこEtegami030 とになったがこれも勉強の一貫として精一杯努めていく考えである。

2007年2月20日 (火)

生活リズム

■卓球教室も順調に走りだした。

 今月から始まった卓球教室が盛岡で2回、大船渡で1回終了した。

 生徒はまだ少人数でのスタートだが、その分一人ひとりに目をかけ

  てやれる時間がとれて生徒には好評のようである。

 いずれも、30分ぐらいは準備運動やストレッチング、筋力アップの

  ト レーニング法も取り入れて身体能力の維持やアップも取り入れ

  た内容としている。

  また、技術練習は個々に応じた内容として楽しく学べるように工夫

  したプログラムを取り入れていこうと思っている。

 まずは受講者が喜んでくれるような内容の教室でなければならな

  いと思っているので、いろいろと声を聞き、また他の教室の情報を

  参考にしながら進めて行こうと思っている。

■しばらく大船渡で父の葬儀後の整理や、また会社での仕事・卓球

   教室で盛岡を留守にしていたが先週の木曜日に帰り、金曜日の

   卓球教室やたまっていたメール、Eビジネスの勉強で時間を過ご

   してきた。

 日中は家での作業は家内がいて集中できず、早朝の時間を活用

   して作業をしているがとても効率の良い方法である。

 深夜、早い時で2時、3時遅い時には5時位になる時もあるが目が

  覚めたらパッと起きて取りかかるようにしている。

 そのためには、早く就寝するのが必要だが、大概9時前後には

  睡魔が襲ってきて自然と床に就くようになってきている。

 したがって、早く目も覚めるようになっているのだろう。

  特に時間を決めて起きるようにもしていないし、目が覚めた時

   が一番良いタイミングと思っている。

 できれば、朝食前までに6時間ぐらいの時間がとれれば最高な

   のだが・・・・・。

 そうすれば、日中は卓球や自分の好きなことに時間を使えるの

  で一日を目一杯活用できると思う。

 そんな、生活リズムが習慣化されてくればと思っている。

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙

  を毎回紹介 します。Etegami100

2007年2月14日 (水)

卓球教室(大船渡)はじめます

■今日から、夜7:00~9:00の時間帯で卓球教室を始めます。

 対象は初級者で卓球を楽しみながら、健康やストレスの解消につなげることをねらいとした教室です。

 日頃の運動不足や健康維持のための体力づくりやストレッチング、スポーツマッサージなども取り入れ

 ていきたいと思っていますし、またあわせて技術の指導もレベルに応じて行っていく考えです。

 テーマは「楽しい卓球」です。

 大勢の生徒が参加してくれ、スポーツを楽しみながらコミュニテイ的な性格の教室になればと思ってい

 ます。

子供から大人まで幅広く対象にしています。

 初回は4名でスタートです。

 告知やPRはせずに徐々に広まっていけばと思っています。

Etegami012

2007年2月13日 (火)

卓球・ジャパン12が終わりました

■日本の卓球界のトップ選手12名によるジャパントップ12が10日駒沢屋内体育館で行われた。

 結果は既報の通り男子が吉田海偉選手、女子が平野早矢香選手が優勝した。

 先の全日本の優勝・準優勝者(男子優勝の水谷は不出場)が順当に勝利し、国内での安定した強さを

 改めて印象づけたように思う。



■ 残念なのは、女子が殆ど額面どおりの上位12名による争いだったのに対し、男子は全日本優勝の水谷

 選手、全日本社会人優勝ほか実力右翼の韓陽選手、若手の岸川選手などが欠場し、本来のトップ12とは

 いえない戦いとなってしまったのは、大会の権威を低めてしまったように感じた。

 選考からもれたものなのか不出場の理由はわからないが、個人的理由であれば選手としての姿勢が問わ

 れても仕方のないように感じた。




■ 今回、関心をもって見ていたのが福原選手の全日本後の立ち直りがどうかであった。

  結果は藤井選手に前回の雪辱を果たし、決勝では平野選手と互角の戦いぶりで敗戦のショックからは

  精神的に立ち直ったように感じた。

  前のブログでも書いたが、今までの延長では今の殻を破り成長するのは難しいと感じていた。

  今回は用具を変え、スピードや回転の増強にチャレンジしてきたとのことである。

  また、このあとの国際大会のカタールオープン、クウェートオープンには今まで長年コンビを組んで

  きた中国コーチは帯同せず単独での参戦をするとのことである。

  この決断には、大いに賛意を表したい。

  愛ちゃんのこれからの動向や結果にますます興味を感じてきている。




■もう一人中学生・石川選手の結果も関心の一つであった。

 全日本でベスト4に入り、愛ちゃんに続くあるいは以上の素質を感じさせる未完の大器が今回はどんな

 戦いをするのか興味があったのである。

 結果は優勝した平野選手に2セットを先取し、あわやという期待を抱かせたが最後は力の差で敗れてし

 まった。

 しかし、間違いなく現在の女子ではトップ4の実力にあることを示してくれたし、潜在能力の高さや経

 験の浅さを考えればこれから開発できる余地を充分に秘めた期待の星である。

 今後、国際試合などの場も多く経験させながら卓球界を挙げて大切に育てて欲しいし、将来最もメダル

 がとれる有望選手だと私は感じている。

Etegami007

2007年2月10日 (土)

理事会があります

■今日はこれから、卓球協会の理事会があり出かける予定です。

 会議は新年度に向けた、事業計画や予算、強化、役員人事など大変盛りだくさんの議題を検討すること

 にしており、しっかりと議論して決定したいと思っている。

 特にも強化については、長いスパンでの育成が必要であり、充分に議論を深めたいと思っている。

 小学生から高校生までの一貫した育成と組織づくりが急務と考えている。

 また、その後は遅ればせながらの新年会も予定されている。

 年に1~2回の地方理事との交流ができる良い機会なので、コミュニケーションを深めたいと思ってい

 る。Etegami008

2007年2月 9日 (金)

卓球教室はじめました

■父の死で10日ほどブログを休んでいた。

 PCへ向かう時間もまた気持ちも湧かなかった。
 
 ようやく一連の行事も済み、時間にも余裕がもてるようになった。。

 気持ちの切り替えはまだ完全ではないが、いつまでも引きづっているわけには行かない。

 幸いに前々から予定していた、卓球教室が今日から始まるのをキッカケに普段の生活に戻ることにし

 た。

 盛岡教室は毎週金曜日の午前中で行うことにしている。

 第一回目のスタートは2名の参加でスタートした。本当に身近な人しか声をかけていないので徐々に

 口コミで広がってくれればいいと思っている。

 10名ぐらいが自分が目が行き届く限度と思っている。

 やりたいと声をかけてくれている人がほかにも何人かきているので、人数が増えれば教室を増やして行

 こうと思っている。

 また、14日からは大船渡教室も決まっている。

 こちらは毎週水曜日の夜に開催することにしている。

 ようやく、長年の夢をかなえることができて嬉しく思っている。

 自分が40数年蓄積してきたものを、ぜひみなさんに伝えてお役に立ちたいと思っている。

 好きなことができるのは本当に幸せなことだなとスタートに当たっての実感である。

 今日参加してくれた2名の方には生徒の第一号として涙がでるほどの感謝の気持ちである。

 この思いを忘れずに、喜んでいただけるように全力で取り組んでいこうと決心した記念すべき一日と

 なった。

Etegami034

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »