2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本勢姿消す・世界卓球 | トップページ | 柔道古賀選手のことばから »

2007年5月28日 (月)

世界卓球・中国5種目完全制覇

■卓球の世界選手権(ザグレブ)は27日、男子シングルスの決勝を最後に閉幕した。

 注目の男子シングルス決勝は王励勤が、世界ランキング1位の馬琳に4-3で逆転勝ちし、2大会連続

 3度目の優勝を果たした。

 3位にはアテネ五輪金メダルの柳承敏(韓国)、同銀メダルの王皓(中国)がともに入賞した。

 また、先に行われた女子ダブルス決勝は王楠、張怡寧組が、ドーハ・アジア大会優勝ペアの郭躍、李暁

 霞組をストレートで下し3連覇した。

 これにより、前回に続き、中国が全5種目で金メダルを獲得した。

 それにしても、他の国の強豪がつけ入るスキがないほどの圧倒的な強さを見せつけられ、ますます差が

 広がったことを感じさせられた大会であった。

 北京五輪を明年に控え、徹底した強化策を続けてきている成果が如実に現れてきたものと思う。

 今回の大会は日本のレベルは中国に追いつくどころかますます離され、また韓国・北朝鮮ほかのアジア

 勢ともはっきりと差がつき、更にヨーロッパ勢にも追い抜かれるという最悪の状況となってきている。

 現状の強化ではもうダメとの答えが出たのである。

 このことを、真摯に受けとめなければならない。

 中国ほか各国の強化の現状をしっかりと研究し、初心に戻って体制をはじめ強化策を再構築しなければ

 ならないように感じている。

 このままではダメということが、日本卓球界にはっきりとつきつけられた世界選手権大会だったし、

 期待していただけに落胆の度合いも大きくがっかりした大会であった。

 大勢の卓球ファンのためにも選手、関係者はもういちど原点に戻っての奮起を期待したい。

Etegami072

« 日本勢姿消す・世界卓球 | トップページ | 柔道古賀選手のことばから »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/6579423

この記事へのトラックバック一覧です: 世界卓球・中国5種目完全制覇:

« 日本勢姿消す・世界卓球 | トップページ | 柔道古賀選手のことばから »