2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東北高校卓球選手権大会感想 | トップページ | 小学生の卓球教室から »

2007年6月26日 (火)

国体選手選考会から

■24日の日、花巻市で成年男女の国体選手選考会が行われた。

 この選考会には、協会が推薦する大学生および一般の県内大会の上位に入賞した選手によって行われる

 が、男子15名・女子6名の選手が参加した。

 男子は、遠くは大阪、東京の大学に在学する選手や、またふるさと選手の資格をもつ選手も参加してく

 れ、現在考えられる県のトップ選手が勢ぞろいした選考会となったように感じる。

 一方女子は、6名と参加者が少なく、また顔ぶれも例年とあまり変わりない選考会で、本県の大学生や

 一般の層が薄くなってきているのは非常に残念に感じている。

 これは、高校まででやめてしまって、大学や一般でもがんばって卓球に取り組もうとする選手が年々減

 少傾向にあるのかなと思っている。

 これも、本県のレベルの低下が一因にあり、上位を目指す意欲や興味が高校生の段階で薄れてしまうこ

 とが大きな原因の一つと思っている。

 強化、普及を含めこの状況をなんとかしなければと思っている。

  さて、選考会の結果だが男子については昨年とメンバーが一新された結果となり、大学生の若い力に

 夢を託すことになる。

 他県も青森、宮城を筆頭に秋田も国体を控えメンバーを補強しており、そのほかもふるさと選手の導入

 でかなりの戦力強化をしている。

 その中で、本県の若い力による爆発力を大いに期待している。

  また、女子については昨年とほぼ同メンバーとなった。

 昨年は厳しい成績に終わったが、本年は本国体へのストレート種目でもある。

 代表としての責任やプライドをもってこれからの練習に励み、みんなの期待に応えて欲しいと強く願っ

 ている。


■卓球最新ニュース(Googleアラート)

「卓球 中国勢が4種目制覇」

 卓球の荻村杯ジャパン・オープン最終日は24日、千葉ポートアリーナで行われ、シングルス女子は決勝

 で2000年シドニー五輪優勝の王楠が郭?との中国対決を4-2の逆転で勝ち、6年ぶり4度目の優勝

 を果たした。男子はアテネ五輪銀メダルの王皓(中国)が初制覇した。

 ダブルスの女子は世界選手権2位の郭躍、李暁霞組、男子は王励勤、陳?組がともに初優勝し、中国が

 4種目すべてを制した。



「王楠、北京目指し奮起=荻村杯卓球 」
 
 シドニー五輪2冠の王楠が、中国の後輩に0-2から逆転勝ちして6年ぶりの優勝。「3ゲーム目から

 流れが良くなった」と笑みがこぼれた。28歳。アテネ五輪後、一時は国際舞台から離れたが、「自国

 開催の五輪に出てみたい」と奮起した。3枠しかない北京五輪代表の座をめぐり、国内の争いが激しい

 中国勢。王は「今は五輪に集中している。それ以降のことは考えていない」と強い思いを語った(了)

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙を毎回紹介

 します。

Etegami070_2

« 東北高校卓球選手権大会感想 | トップページ | 小学生の卓球教室から »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/6934074

この記事へのトラックバック一覧です: 国体選手選考会から:

« 東北高校卓球選手権大会感想 | トップページ | 小学生の卓球教室から »