2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高体連卓球大会団体戦結果です | トップページ | 卓球教室の感想 »

2007年6月 6日 (水)

高体連卓球大会の感想

■先週、3日間宮古市で行われた高体連卓球大会に出席してきた。

 結果はすでに報道されているので、記録は省き個人的な感想を記したい。

 男子については、専大北上高が一枚抜けている感じで、ダブルスベスト4、シングルスでもベスト8に

 7人と、圧倒的な層の厚さ・強さを見せ付けた大会だった。

 レベル的には組み合わせ次第だが全国のベスト8を狙えるところにはきているように感じた。

個人的にはノーシードから勝ち上がって優勝した菅原選手は、気迫と粘り強さに傑出したものがあり、

 しり上がりに調子を上げて接戦を全て制しての優勝だった。

 こういうタイプは本県選手には今まであまり見られなく、どちらかというと勝負弱さや気弱さが目に付

 くことが多かったが良い選手が現れたと思っている。

 東北大会・インターハイでもぜひ頑張って欲しい。

 女子は、3強の争いとなったが最後伝統の重みで盛岡女子に軍配があがった。

 女子については男子に比べ全国的にはかなり厳しいように感じている。

 全体的に技術の幅がこじんまりしているし、破壊力やスピードという点も目を見張るものをもった選手

 が少ない。

 その中では大野高一年の平舩選手は、スピードと決定打に非凡なものを持っており、これからその部

 分に磨きをかけていけば全国的にも通用する選手に育っていくだろうと感じた。

 まだまだ集中力や一点を奪い取る気迫など精神面の弱さも感ずるが、勝負に対する貪欲さや執念のよ

 うなものもあわせて鍛えていって欲しいものだ。

 今後女子選手については、普段から技術面でスピード・パワー・回転等の一段の高い技の習得を目指し

 ていかなければ全国には通用しないと思う。

■今回の期間中ホテルでさわやかな光景を目撃した。

 それは、種市高卓球部の生徒が帰るときの朝にホテルのフロント前で整列しホテルの人に全員で感謝

 の挨拶をしていたのである。

 今まであまりこういう光景を目にすることがなかっただけに、実にすがすがしく感じたし、卓球に関係

 する人がこういうところで評判を上げてくれていることにとても嬉しく感じた。

 私は卓球(スポーツ)はまず技術以前にこうしたマナーが大切と思っている。

 特にも小中高生にはこうした基本がしっかりできて欲しいと思っている。

 岩手の卓球の高校生のマナーは全国でもトップクラスであると言われるようになって欲しいと願ってい

 る。

 こうしたことの一つ一つの積み重ねが技術やその他にも必ず反映されるものだと思っている。

 高校の指導者の方々にぜひそうした指導を徹底させていって、岩手の高校卓球のイメージを全国にとど

 ろかせていくことを強く願っている。

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙を毎回紹介

 します。

Etegami081_3

« 高体連卓球大会団体戦結果です | トップページ | 卓球教室の感想 »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/6683337

この記事へのトラックバック一覧です: 高体連卓球大会の感想:

« 高体連卓球大会団体戦結果です | トップページ | 卓球教室の感想 »