2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中総体卓球大会の感想 | トップページ | 卓球指導の基本として考えていること »

2007年7月17日 (火)

中総体卓球大会の感想2

■今朝は、1:30に目が覚めそれから起きだしたまっている仕

 事を整理する。

 最近はなかなかまとまった時間がとれずに、勉強ができない

 のが気にかかっていることである。

 多分そのことが頭にあって、時々早く目が覚めるのだろう。

 何か不思議な力が働いて、時間を作るために知らせてくれてい

 るようで、ありがたいことだと思っている。

 おかげさまでまとまった時間がとれて、たまっている仕事を集中

 して処理できることに感謝している。

 時々、こうした不思議な力を感ずることがある。

 それは、困っている時や、気にかけている時などに思わぬ力

 が働いたり、考えがひらめいたりという経験が少なからずある。

 それは、単に自分の思い込みかもしれないが、自分は素直に

 信じたいと思っている。

 だから、何かの気づきを感じたら自然にそれに従うようにして

 きている。

 それが、一番自分の心のストレスを感じずに生きられる方法

 だと思っている。

 「ふんわりとやわらかで、何のこだわりも不足もなく、澄み切っ

 た張り切った心」が純情(すなお)な心だと学んできた。

 少しでも、その心境に近付きたいものである。


■中総体個人戦の感想

 昨日の団体戦の感想に続き個人戦の感想を記す。

 結果は、男子が菅原(猿沢中)、女子が浅沼(大宮中)が優勝

 した。

 ベスト4は女子の滝浦(石鳥谷中一年)がノーシードから決勝

 に勝ち上がったが、以外は順当にシード選手が勝ち残った。

 これをみれば、シード4の選手は現時点の県中学では間違い

 なくベスト4の実力を持つ選手であり、以外の選手との差がは

 っきり示されたように思う。

 個々の選手では決勝に進んだ男女の4選手について述べて

 みたい。

 男子優勝の菅原は広い守備範囲と攻撃力をもったバランスの

 良い選手でまた、集中力や闘争心溢れる試合態度は非常に

 好感の持てるものであった。

 本県の中学生の技術レベルでは彼のカットを攻略するのは、

 相当に厳しいところであり、各試合とも苦戦はしたもののまず

 は順当な結果だったように思う。

 今後の課題は、現状のカットでは間違いなく東北や全国では

 打ち抜かれてしまうと思う。

 守備力の強化はもちろんだが、攻撃力や反転技術などの技を

 磨きカット主戦という考え方でなくオールラウンドのプレーヤー

 を目標とすべきように思っている。

 準優勝の金野は体力的には小柄ながら、抜群のボール捌きと

 安定性はパワーやスピードを主体とする卓球が多いなかで一つ

 の見本を見たような気がする。

 決勝の対カット攻略も実に自分の戦型にあった方法をとり、力

 で打ちぬこうとする戦術ではなく、前に攻める戦術でもう一歩ま

 で追いつめた試合は見ていても気持ちの良いものであった。

 相手の守備位置で卓球をさせるのでなく、不得手な前陣に引き

 寄せて攻略する作戦はカット攻略の戦術として大いに参考にし

 てもらいたいと思う。

 今後の課題としては、やはり一発で仕留めるパワーがないだけ

 に、前陣でのスピードによる時間的早さや技の多彩さによる変化

 の技術を身につけていかなければと思う。

 女子優勝の浅沼は準決勝では大苦戦の末勝ち上がり、2連覇

 を達成した。

 印象としては、以前のような鋭い攻撃力が薄れ、守りが多くな

 ってきているように感じた。

 まだまだこれからの選手であり、全国をめざす選手であるから

 もっともっと荒々しさやミスを恐れない積極的な姿勢が必要と

 感じた。

 卓球は受け身に回っては持ち味が発揮できないのである。

 小さくまとまらないで、自分から得点を取りに行く攻撃的な卓球

 を目指してほしい。

 準優勝の滝浦は、一年生ながら優勝するかと思わせるほどの

 勢いで勝ち上がってきた。

 久しぶりに素質を感じさせる選手が現れ、今後が大いに楽し

 みである。

 彼女の良さはけれんみのない思い切りのよい卓球である。

 パワーもあるしスピードも持っている。

 まだまだ、仕掛けの遅さや戦術の組みたてなど課題も多いが、

 ぜひ全国基準の卓球を目標に頑張って欲しいと思っている。


 以上が個人戦の感想である。

 全体的には、技術レベルも上がっているし、そう全国にも遅れ

 をとっているとは思えない。

 一番大事なのは意識レベルであり、あとは練習量をどれだけ

 全国レベルにもっていけるかである。

 それさえ、きっちりとやれれば明るい光も見えてくると確信し

 いる。

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙を

 毎回紹介 します。

Etegami071_1

« 中総体卓球大会の感想 | トップページ | 卓球指導の基本として考えていること »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/7178052

この記事へのトラックバック一覧です: 中総体卓球大会の感想2:

« 中総体卓球大会の感想 | トップページ | 卓球指導の基本として考えていること »