2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 卓球感じたままに | トップページ | 徒然なるままに »

2007年8月13日 (月)

卓球技術・台上処理

■今日も猛暑の一日となっている。

 午前中に卓球教室があり、2時間ほど練習で汗を流してきた。


 暑い時にそれを乗り越えて、体を動かすというのもいいものだ

  なと実感する。


 これも卓球教室を始めたことによって、そういう体験ができるの

  だとプラスに受け止めている。


 以前、京都で真夏の観光をしたときがあったが、その時のバス

  ガイドさんの言葉を思い出した。


 その時も35度以上の猛暑日で今まで体験したことがないほどの

  暑さだったが、ガイドさんは「京都の暑さはまた格別です。この暑さ

  も一緒に記念に満喫していってください」といってアナウンスして

  くれた。


 その言葉を聞いて、それまで大変だなと思っていた気持ちが、

  あそうかそういう体験ができるのも観光の思いでにつけ加えられ

  るのだから幸運に思わなければ、と気持ちが変わったことを思い

  だした。


 なにごとも受け止めかた次第が大切である。


 猛暑にも仲良くつきあって、夜はビールがまた格別美味く飲める

  からとか、海水浴には最高とかそれぞれの都合に解釈して過ごす

  とまた気分も違うものである。

■卓球の技術

 「台上処理技術の大切さ」


 卓球技術の中でもゲームを左右する技術として、私は台上処理

  技術(ネットプレイ)を重視している。


 卓球教室やまた講習会などでも選手にこのことを強調している

  が、あまりこのことに重点を置いて練習していることを聞かない

  か゛、このことに力を入れてやれば確実に結果に表れてくるよ

  うに思っている。


 極端にいえば台上処理を制したほうが勝つとまで思っている。

 したがって、攻撃選手同士の戦いはつまるところ台上処理の

  戦いだとも思っている。


 そうした時に、そのことが書いてある早稲田葛西先生のブログ

   記事に出会ったので紹介する。



 
  「世界卓球選手権大会で注目した技術」   from:葛西順一



 前回の世界大会男子団体戦の決勝戦は、王励勤(中国)対

  柳承敏(韓国)選手であった。その試合中の技術および打法の

  分析を行った結果、両選手とも90%以上のサービスが台上

  にツーバウンドするカット性ショートサービスであった。


 王励勤選手の台上ツーバウンドサービスに対して柳選手は

   67%、柳選手の同サービスに対して王選手は78%の割合で

   ストップしていた。これは、①相手にドライブ攻撃をさせない、

   ②相手を前に寄せてドライブ攻撃を封じた後に、自分の方が

   先に攻撃をしかけるためである。

  フォアおよびバックハンドによるストップレシーブとショートカット

  の回数は、王励勤選手は9本、柳承敏承選手は23本であった。

 すなわち、王励勤選手の方が先に台上攻撃をしかけていること、

   また柳承敏選手はツッツキレシーブを王励勤選手に先にドラ

   イブ攻撃をしかけさせ、これをカウンター攻撃でねらっていたこと

   がわかる。世界トップクラス選手のゲーム中の打法を分析し検討

   した結果、台上ボールの 処理技術(ネットプレー)と、その後の

   ラリーでは両ハンドによるカウンター・テクニックを磨くことが必須

   であることを研究誌で強調していた。



 今回、ザブレブ世界選手権大会男子シングルス準決勝と決勝

  戦に おける、王励勤、王皓、馬琳、3選手は両ハンドによる

  台上ボールを強打する技術が光っていた。特に、馬琳選手の

  台上ボールのフォアハンドのフリック強打は天下一品の技術で、

  ペンホルダーグリップ 特有の、どのコースにも打球できる広角

  打法の特徴を有する。


 日本では、田崎選手がフォアハンド広角フリック強打を得意と

  する。

  手首より内側を支点として、ラケットを瞬間的にワイパーのよ

  うに振り下ろした直後に振り上げる途中でインパクトするように

  スイングする。この技術は、ペンホルダーラケット使用する選手

  であれば是非ともマスターしたい技術である。



 ペンホルダーラケットを使用する世界チャンピオンを幾人も輩出

   してきた日本から再び世界チャンピオンが現れる時代は、台上

   を制することからスタートする。

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙

  を毎回紹介 します。

Etegami056

« 卓球感じたままに | トップページ | 徒然なるままに »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/7523888

この記事へのトラックバック一覧です: 卓球技術・台上処理:

» 卓球・裏面打法の動画 [卓球の動画]
中国ナショナルチーム、ペンホルダー裏面打法の教習動画を発見しました。ペンホルダーの方はぜひ参考にしてください。 [続きを読む]

« 卓球感じたままに | トップページ | 徒然なるままに »