2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミニ国体2 日目 | トップページ | 卓球指導で思うこと »

2007年8月27日 (月)

ミニ国体の結果から

■3日間に亘って郡山市で開催されたミニ国体が無事終了した。

 期待した、本県勢の結果は少年男子と成年男子が各1勝のみ

 のトータル2勝18敗という惨憺たる結果となり、総合6位の

 最下位に終わった。

 厳しい戦いとなることは予想していたが、これほどの成績になる

 とは思っていなかっただけに大変残念に思っている。

 特にも2-3で落とした試合が4試合もあり、競り合いの弱さや

 戦力が一枚足りないという印象を強く感じた。

 気持ちの面を強く持たせて戦えば、少しは良い結果に結びつ

 くのではと期待していたが基本的な能力に明らかな差があって

 は通用しないことをはっきりと感じさせられた。

 それはまず第一に体力面の差である。

 フットワークやパワー面がまだまだ鍛え方が足りないというか、

 訓練の量が不足しているように感じた。

 第二には技術面である。

 それは、軸となる得点パターンがないことである。

 つまるところサーブ・レシーブ面の弱さである。

 特にもレシーブ面の弱さが決定的に弱いということを感じさせ

 られた。

 したがって、サーブ・レシーブからの組立ができないというか、

 相手に自分の卓球がさせてもらえないのである。

 今までは、技術の下の相手のときにはそういう部分が見えなか

 ったのが、高いレベルの選手にはそこがはっきりと差となって

 現れてきているのである。

 普段から、そういう厳しい訓練をしていないということだろうし、

 県内の試合ではそれでも通用してきていることが甘さにつなが

 っているのだと思っている。

 今後技術レベルの目標を相当に高い所に置いて訓練を積まな

 いと、今の決定的な差は縮まらないということを痛感した。


 他にも全体的な技術力の差はいろいろと感じた点はあるが、

 ポイントとなる点は以上のことだと感じている。

 今後の訓練ポイントとして、選手や指導者にもアドバイスしてい

 きたいと思っている。



■ただ、こうした中でもしっかりと自分の戦術をもった成年女子の

 石川選手や少年男子の北條選手、またダブルスの北條・小原

 選手は勝ち越しをして希望を与えてくれたように思う。

 やはり、自分の戦い方を持っている選手はどんな状況でもそれ

 を徹底できるので、相手に左右されることなく試合を展開でき

 る強みがあるということを改めて実感する。

 あとは、そのレベルを極めていけばもっと上を目指せる選手に

 なれると思う。そこを自覚して頑張ってほしい。


■全体の総括

 今回目標として2種目以上の本国体への出場権を目指して臨

 んだが、結果はストレート種目のみという厳しい結果となった。

 監督・選手については、今のレベルからすれば精一杯の戦い

 をしてくれたと評価している。

 これが、今の本県のレベルである。

 気迫や気合をいかに高く持って戦っても、基本的な能力に絶対

 的な差があってはそれを補うことは無理である。

 そのことがはっきりと言えるだけの差があったように思う。

 このことを謙虚に受け止めたい。

 やることは、はっきりしてきた。

 今までの訓練では、絶対的な量と質的な基準が甘いのである。

 普段の生活から、卓球に対する取組を変えていかなければな

 らない。

 自主トレーニングがどれだけされているか。

 食事をしっかり考えて体づくりに取り組んでいるか。

 卓球にプラスになることを、練習の場だけでなく生活の中で意

 識して取り組んでいるのか。

 勉強や仕事以外の時間がすべて卓球が強くなるために意識し

 て生活するぐらいの改革が必要である。

 それぐらいの覚悟でやらなければ復活は到底無理であろう。

 勝負は勝たなければ意味がない。

 今回の屈辱をバネにして、なんとしても頑張らなければという

 思いを強くした。

 また、再出発である。

 決して負けてはいけない。このどん底から何としても這い上がっ

 ていかなければならない。

 我々指導者がその執念を持って、県全体をリードしていかなけ

 ればという気持ちを新たにしている。



■卓球最新情報(Google アラート)

 愛ちゃん1回戦敗退/卓球

<卓球:台湾オープン>◇24日◇台北

 女子シングルス1回戦の日本勢は、平野早矢香(ミキハウス)

 ら4人が2回戦に進んだが、福原愛(ANA)は1回戦で敗れた。

 同ダブルスの福原、藤沼亜衣(ミキハウス)組は準々決勝に進

 んだ。

 男子シングルスでは水谷隼(青森・青森山田高)高木和卓(東

 京アート)が3回戦へ進んだ。

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙

  を毎回紹介 します。

Etegami013

« ミニ国体2 日目 | トップページ | 卓球指導で思うこと »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/7699617

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ国体の結果から:

« ミニ国体2 日目 | トップページ | 卓球指導で思うこと »