2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 佐賀北高の優勝に思う | トップページ | ミニ国体第一日目 »

2007年8月24日 (金)

東北ミニ国体へこれからでかけます

■今日から3日間、福島県郡山市でミニ国体が開催される。

 選手団は昨日から現地入りし大会に備えている。

 昨年は東北最下位という屈辱的な結果に終わっているので、

 今年は何が何でもそれだけは免れたいと思っている。

 東北の勢力図は、ここしばらく青森・宮城の2強とその他4弱と

 いう構図になっている。

 今年は秋田が国体開催を控え元日本チャンピオンの偉関選手

 や川嶋選手など男女ともに補強しておりまた他県もふるさと選手

 導入により戦力がアップしている。

 戦力的に見てかなり厳しいことは予想しているが、県卓球界の

 代表としての自覚をもって頑張って欲しいと思っている。

 これから出かけるので、この間ブログは休むことになるが、記録

 は携帯からアップします。


■卓球最新ニュース(Google アラート)

 第38回全国中学校卓球大会は22日、青森・青い森アリーナ

 で行われ、女子シングルスで世界選手権代表の石川佳純(大阪

 ・四天王寺羽曳丘中)が昨年に続き優勝し、2連覇を達成した。

 石川は女子団体にも出場し、四天王寺羽曳丘中が4年連続4

 度目の優勝を果たした。 (了)


 青森山田がV3/中学卓球

 男子団体決勝で勝利を収めた青森山田のダブルス、生田・

 池田組<全国中学体育大会・卓球>◇ 21日◇青森市・

 青い森アリーナ

 男子団体で青森山田が3年連続6度目の優勝を遂げた。

 準決勝まで4試合をすべて3-0のストレート勝ち。決勝では

 千城台南(千葉)にやや苦しんだが3-1で決着をつけた。

 インターハイ優勝の高校に続いて、中学も全国Vで地元開催

 に花を添えた。

 決勝の第2シングルスを落とし、今大会初めてポイントを奪わ

 れた青森山田だが、終わってみれば実力と層の厚さを見せつ

 けた。第1シングルスとダブルスを取ったあと、最後は1年生の

 町飛鳥が勝利を収め、ゲームセット。父母らが詰めかけた応

 援席から大きな拍手と歓声が起きた。

 神巧也主将(3年)は「優勝できてうれしい。できるかどうか不安

 もあった。地元開催のプレッシャーもありました」とほっとした

 表情をみせた。昨年シングルスでも優勝している野邑大陽(3年)

 など有力選手がずらり。町や丹羽孝希といった強力1年生も

 今春加わった。優勝して当然という下馬評もあった。

 「でもね、優勝して当たり前といわれて、その中で優勝するのが

 どんなに大変なことか。決勝ではプレッシャーが出たが、まだ

 中学生。これからそういう面も勉強していくんですよ」。インター

 ハイで高校チームも3連覇に導いたばかりの吉田安夫総監督

 (74)は、そういって選手たちと握手を交わした。

 4年後の11年には、北東北ブロックでインターハイが開催され

 る見込み。今の中学1、2年生がちょうど高校2、3年生になる。

 「それへ向けて長期計画で育てますよ」と吉田総監督は青写真

 を描く。青森山田中と高校が、日本卓球界に影響を与える時代

 は当分続きそうだ。【北村宏平】


 卓球愛ちゃん台湾オープンへ出発

 卓球の福原愛(18=ANA)が、北京五輪に向け再始動した。

 6月末の中国オープン以来、約2カ月ぶりの実戦となる台湾

 オープン(23日~)出場のため、21日に成田空港から出発した。

 約3週間の秋田集中合宿では毎日3キロを走破。体力がアップ

 し「どんな成果が出るのか楽しみ」と、久々の試合を待ちきれない

 様子だった。

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙

  を毎回紹介 します。

Etegami021

« 佐賀北高の優勝に思う | トップページ | ミニ国体第一日目 »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/7653473

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ミニ国体へこれからでかけます:

« 佐賀北高の優勝に思う | トップページ | ミニ国体第一日目 »