2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アジア卓球大会レポート2 | トップページ | アジア卓球選手権大会レポート3   »

2007年10月12日 (金)

昨夜の亀田・内藤の世界タイトル戦から

■昨夜は亀田大毅選手と内藤選手のプロボクシングの中継を興味

 深く観戦した。

 結果は予想通りというか、以上の大差でチャンピオンが勝利した。

 試合前の舌戦では、大毅選手の居丈高の発言は尋常なもので

 はなく、相手に対する侮辱や暴言、軽視の発言は耳障りもはなはだ

 しく不快に感じていた。

 それだけに敗戦後の弁はどんなことを話すのだろうと興味をもってい

 たが、取材拒否ということで聞くことができなかった。

 これだけを見ても、発言は単なる見せかけの空威張りであり、弱者

 の自信のなさの裏返しの威嚇ととらえられても仕方がないだろう。

 試合も全く潔さがなく、最後にはどうにもならない自分のいらだちか、

 プロレスまがいの反則技までやってしまうという醜態を晒してしまった。

 これを見て、私はもう再起はないだろうと思ったし、またこういう選手

 には出場停止や資格剥奪などの厳罰処分で臨むべきであると思

 っている。

 いくらプロスポーツとは言えショー的な要素が許されるとしても、それ

 は観る人たちが楽しく感じたり 、感動したり、興味を沸いたりする

 ような範囲でのことである。

 品格やマナーを持たない選手というものは動物に近いようなものを

 感じてしまう。

 スポーツは文化であり美しいものであり純粋なものである。

 だから、多くがスポーツを楽しみ観戦して感動するのである。

 今回の世界戦はそういう意味で亀田選手の言動や試合態度に

 よって、権威あるタイトル戦が本当に見苦しい、後味の悪い試合に

 なったように思う。

 しかし、その中で救われたのはチャンピォン内藤選手の言動、態度

 である。

 さわやかであり、謙虚であり、人間としての器の大きさを感じさせて

 くれた。

 やはり、苦労し挫折しながら乗り越えてきた人間は重みが違うなと

 いうことを感じた。

 そういう人間は簡単には崩れないのである。

 ぜひこれからも、謙虚に努力して、口で言うよりリングで結果を表す

 選手としてがんばって欲しいと願っている。

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙

  を毎回紹介 します。

Etegami021

« アジア卓球大会レポート2 | トップページ | アジア卓球選手権大会レポート3   »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/8364593

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の亀田・内藤の世界タイトル戦から:

« アジア卓球大会レポート2 | トップページ | アジア卓球選手権大会レポート3   »