2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 元卓球世界チャンピオン伊藤繁雄氏の話から | トップページ | 卓球教室の生徒さんの思い »

2007年11月10日 (土)

ラージボール卓球に思う

■今日は朝から大船渡でのゲートボール大会の開会式出席の

   ため、盛岡を朝早くに出かけてきた。

 心配された雨も、開会式には降ることもなく無事開会式を済ま

  せることができた。

 ゲートボール大会になぜにと思われるかも知れないが、会社が

  スポンサーになっている関係で挨拶を依頼されたためである。

 今年で2回目になるが、それにしても参加してくる選手は高齢

  にもかかわらず大変元気がよく若々しいなと思ってしまう。

 最高齢者はなんと95歳なそうだが、シャキッとしてプレーしてい

  るのには本当に感心してしまつた。

 やはり、日ごろからスポーツに親しみ目標をもってがんばって

  いると、心身ともに若々しさを保つことに役立つのだなというこ

  とを実感した。

 そういえば、過日のTVでも100歳のおじいちゃんが水泳の100

  Mのギネス記録に挑戦し、見事泳ぎきったのをみて感動したが、

  これも日ごろからスポーツを継続し常に目標をもって努力して

  きたからなのだろうと思う。

 卓球も今、高齢者のラージボールも大変に盛んで、全国の大

  会には1000名を越す参加者で会場の確保や日程の関係で制

  限するかどうかの論議が続いているが、嬉しい悲鳴というべき

  だろう。

 そうした、人たちのニーズに応えていくのも卓球協会の使命だ

  と思うし制限せずに開催できる方法を考えていくことが卓球発

  展にもつながる思うのだが・・・。

 とくにも、小中生の登録減少が年々続く中で、そうした層の拡

  大に力を入れなければ30万人登録の目標は実現できないだ

  ろうと思っている。

 いずれ、ラージボールが盛んになるということは、高齢者の健

  康や生きがいづくりに貢献することであり、卓球が脳の活性化

  や身体機能の回復にも効果があることが実証されているので、

  積極的に高齢者スポーツとしての卓球の最適さをPRしていく

  べきと思っている。

 また、結果的にラージボール愛好者が拡大すれば、全体的な

  卓球の活性化にもつながっていくものと思っている。

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙

  を毎回紹介 します。

Etegami021

« 元卓球世界チャンピオン伊藤繁雄氏の話から | トップページ | 卓球教室の生徒さんの思い »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/8853279

この記事へのトラックバック一覧です: ラージボール卓球に思う:

« 元卓球世界チャンピオン伊藤繁雄氏の話から | トップページ | 卓球教室の生徒さんの思い »