2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 卓球指導で感ずること | トップページ | アジア卓球選手権レポート6 »

2007年11月28日 (水)

また勉強させられました

■今日は卓球の話題とは離れるがとても感激することがあったので

 それについて書く。

 
 今日一週間ぶりに会社に出社したら、先週十和田での講演会の

 礼状が3通届いていた。


 いつも講演の後には、こうした出会いをいただいた方からの温

 かいお手紙をいただくが、これも嬉しいことの一つである。


 見知らぬ先でご縁ができ、また交友の輪が広がっていくのは私

 にとっては何物にもかえがたい宝物と思っている。


 なぜなら、自分の世界がどんどん広がるからである。


 学びが増えるし、また楽しみも増える。 そしてなによりも新鮮

 な気分を出会いの度に味わえるからである。


 

 今回いただいた礼状の中でとても感激した礼状を紹介する。


 自分もこんな人の心を打つ、優しい礼状をつくりたいものであ

 る。


 前文は一般的なお礼文のあとに私の名前の頭文字を使っての

 とても素敵なコメントである。

 ここではそのままに再現できないがとてもきれいに装飾されて

 いて枠組みの中に見やすくレイアウトされている。


 頭文字は○枠の中に入っていて色文字を使って強調している。

 お・・・・おくの人の憧れ         豊様

 の・・・・原のような広い心の       豊様

 ゆ・・・・う弁にして謙虚         豊様 

 た・・・・のしく明るい           豊様 

 か・・・・ん動の名人           豊様


 

 というコメントの礼状である。


 なんという人に対する心遣い、神経の細やかさなのだろう。

 
 この人の優しさを感じてしまうのである。

 
 私は本物の人に対する思いやりや、優しさというものをこの

 礼状からまた勉強させられた。

 感動は心である。 

 心を打つには本物でなければならない。

 一流でなければならない。

 
 そのことを強く感じさせられた。


 
 十和田での出会い、M氏に感謝!

■絵手紙を紹介します

 私の友人が、100日間毎日知人宛に出し続けた素敵な絵手紙

  を毎回紹介 します。

Etegami008

« 卓球指導で感ずること | トップページ | アジア卓球選手権レポート6 »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/9155085

この記事へのトラックバック一覧です: また勉強させられました:

« 卓球指導で感ずること | トップページ | アジア卓球選手権レポート6 »