2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 監督辞任・韓国卓球協会が混乱 | トップページ | 指導者講習会について »

2007年12月15日 (土)

第3回小学生卓球オープンリーグが終わって

Etegami040

■今日は、朝から会社に出て一週間たまっている仕事を片付け

 ている。

 盛岡はあたり一面が銀世界だが、こちらはまったく雪がなく別

 世界である。

 同じ県内でもこうも違うのかと、しょっちゅう移動をしていると

 実感させられる。

 車を運転していると、やっぱり雪がないほうが楽で安心できて

 いいなぁとつくづく思ってしまう。

 今冬は大雪の予想のようだが、できるだけはずれてもらいた

 いものだと願っている。


■さて、先週の日曜日には3回目となる小学生のオープンリーグ

 があった。

 今回は地域でのリーグなどと重なり、前回よりは10名ほど少

 ない約80名の参加であった。

 毎月第一日曜は地域でのリーグが行われており、これからは

 この日程は基本的には避けたいと思っている。

 今回の講習では第2回目として次のことを話しした。

 「参加の心構え」

 1.挨拶の徹底
  会場内での元気の良い挨拶 試合前後の挨拶と握手

 2.返事をする
  ハイという大きな声での返事

 3.準備・後始末の実践
  会場の準備や後片付けを率先して行う 脱いだクツはそろえ

 るなどの個人の後始末の実践

  
 以上を、毎回時の約束ごととして実践すること。そして、普段の

 生活でも習慣化できるようにすること。

 強くなる選手はこのことが立派にできているし、逆に言えばこの

 ことがしっかりできなければ強くはなれない。


 「練習は裏切らない」

 前回「思い・目標」について話した。

 できるだけ大きな目標を立てること。そして、それを紙に書いて

 毎日目につくようにして、意識にしみませて強くしていくことが

 大切である。

 次に大切なことは、その思い・目標を達成するための練習、

 努力である。

 思いだけでははじまらないのである。

 練習は裏切らない、正直なのである。やればやっただけの結果

 が比例して現れる。

 成功した選手はすべて例外なく練習や努力の量がほかの人と

 は違うのである。

 努力することも素質である。

 日本一になりたいと思ったら日本一の練習・努力をすれば達成

 できるのである。

 現在の小学生の全国トップクラスは年間1300時間の練習時間である。

 であれば、日本一になるにはその時間、あるいはそれ以上を

 目標にすることだ。

 日に平均して4時間である。

 この時間を確保することは、現実的には無理かも知れない。

 しかし、コートに向かっている時だけが練習ではない。

 家でだつて、どこでだって卓球が強くなるための練習はいくら

 でもある。

 素振りや、サーブ、筋力トレーニング、フットワーク、シャドープレ

 イ、ランニング等々いくらでも卓球が強くなるためのトレーニング

 は限りがないのである。

 これらの練習も含めれば4時間は確保できるのである。

 24時間、食べることも寝ることもすべての生活場面で卓球に

 プラスになることに結びつけ、これを実践すること。

  要は、強くなりたいという気持ちがあれば、コートに向かう時間

  がなくとも卓球の上達に結びつけられる練習はいくらでもある

  のである。

 強さには心技体のバランスが必要といわれるが、とくにも心と

  体は個人で鍛えられるものであるし、この部分が今の選手に

  は訓練が足りないと思っている。

 身体能力を高めることを毎日の訓練の日課とすること。

 ランニング、短距離ダッシュ、腕立て伏せ、腹筋、背筋、手首

  強化、ウェィトトレーニング、動態視力等々。 それらを鍛え上

  げることである。

 そうした辛い、苦しい訓練を続けることで心が鍛えられ、人に

  は負けられないという強い気持ちや忍耐力が養われてくるし、

  勿論技術のレベルアツプには欠かすことができない能力なの

  である。

 また、メンタルトレーニングもあわせて訓練することも大事な

  ことである。

 集中力やマインドコントロールの方法もいろいろと勉強し、取り

  入れていくこともできるのである。

 
 いかに、卓球が強くなるための方法を見つけそれに取り組む

  か、その絶対量が大事なのである。

« 監督辞任・韓国卓球協会が混乱 | トップページ | 指導者講習会について »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/9417618

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回小学生卓球オープンリーグが終わって:

« 監督辞任・韓国卓球協会が混乱 | トップページ | 指導者講習会について »