2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小学生卓球オープンリーグから | トップページ | 卓球・四元選手の衣装に思う »

2008年1月16日 (水)

全日本卓球選手権大会が開幕

■昨日から、いよいよ今年度の全日本卓球選手権大会が東京

   体育館で始まった。


  今大会ではいくつかの話題も取り上げられ、マスコミやファン

   の関心もいつになく盛り上がっているようである。


 その第一は福原愛選手の初タイトルなるかということであり、

   今回もマスコミは連日愛ちゃんを追っかけて逐一結果をTVで

   流すようである。


  今日のTVでも、昨日の混合ダブルスの2回戦の様子が各チ

    ャンネルで放映されていて、愛ちゃん人気の過剰ぶりを改め

   て実感している。


  卓球関係者としては、マスコミに注目され卓球の露出度が上

   がることは大変嬉しいことであり、卓球人気もますますあがっ

   てくれることを望んでいる。


 そのためには、愛ちゃんが期待通りに勝ってくれて、いつまで

   も長く引っ張ってくれないと困るのである。


  弱い愛ちゃんではいつまでもマスコミは追いかけないであろう。


 その時は、波が一気に引くようにマスコミは卓球から遠ざかっ

  てしまう。


 その意味で今回の全日本と8月の北京オリンピックでの結果

   が注目されているのである。


 いずれ結果の善し悪しに関わらず北京までは追いかけるので

   ある。

 
 その北京が一つの分岐点だと思っている。


 つまりは成績次第で愛ちゃんを追いかけるか打ち切るかが

  判断されるのではと思っている。


 現状では不安大である。


 なぜなら、絶対的な強さを感じないからである。


 ベスト8から16クラスの選手にも絶対勝つという信頼がもてな

  いのである。

 
 裏を返せばいつでも負ける要素をはらんでいるということであ

  る。


 勝つとすれば、波に乗って普段以上の最高のプレーができ、

  バカ当たりしたときだろうと思っている。


  その意味で、混合・女子ダブルスと連戦が続く中、シングルス

   に心身ともに最高のコンディショニングがつくれるかどうかが

   鍵だと思っている。



■昨日は2016年に開催される岩手国体の準備委員会の設立

 総会に出席してきた。


 いよいよ県としても開催に向けての活動が正式に始まった。


 我々競技団体としては、組織づくりや運営面の取り組みはまだ

  まだ先のこととなるが、強化については今から長期的な計画を

  持って取り組んでいかなければならない。

 
 そのためには、その時に高校生となる小学1~3年生また大学

   生や成年の対象選手となる小学4年生~中学生ぐらいが対象

   となるのである。


 小学生オープンリーグも含めて強化策について、しっかり取り組

  んでいきたいと思っている。

« 小学生卓球オープンリーグから | トップページ | 卓球・四元選手の衣装に思う »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/9915479

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本卓球選手権大会が開幕:

« 小学生卓球オープンリーグから | トップページ | 卓球・四元選手の衣装に思う »