2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本女子決勝トーナメントへ・世界卓球選手権大会 | トップページ | メダル死守日本女子・世界卓球 »

2008年2月28日 (木)

世界卓球・男子も決勝トーナメントに進出

Cimg0857 Cimg0735

■今朝の報道で、男子が難敵ドイツを3-1で下し予選1位通過

 で準々決勝進出を決めたことを知り、大変喜んでいる。

 昨日のブログにもメダルの予感がすると書いたが、水谷・吉田・

  韓陽が揃って好調のようで、この勢いを持続すれば、メダル

  獲得はもちろんだが以上のメダルにも期待がかかるのである。

 男子はここのところ、女子の活躍の陰に隠れて低迷を続けて

  きたが、ようやく水谷のような天才的なプレーヤーが現れ、波及

  効果で回りの選手にも良い面が出始めてきているように感じて

  いる。

 特にも精神面での影響は相当なものと思っている。

 水谷が一人現れただけで、こうもチームが変わるのである。

 水谷がいるだけで勝てそうな気がするのである。

 以前にも書いたが、水谷は中国戦以外では2点をとれる選手

  である。

 だから、絶対の軸を中心に二番手・三番手が何とか一点をと

  れればメダル獲得も夢でないし、北京オリンピックでも男女を

  通じて最もメダルに近いということを書いた。

 今、その通りのことが現実になってきているように思える。

 2000年以来男子はメダルから遠ざかっているようだが、ぜひ

  とも一気に中国との対決まで勝ち上がって欲しいと願っている。





■女子は残っていた最終戦のフランスに3-1で勝ち、5戦全勝

   で準々決勝に進出したようである。

 気になるのは、韓国戦ラストでがんばった福原がフランス戦で

   格下選手に負けてしまったことである。

  昨日までは強豪選手ともいい試合をして、海外選手に強い愛

   ちゃんが戻ってきたと心強く思っていたがまた、がっかりであ

   る。

  たぶんに精神的な面と思うが、次の試合からは大事なメダル

   をかけての戦いとなる。しっかり気持ちを切り替えて臨んで欲

   しい。

 次の対戦相手はハンガリーと決まったようである。

 前回の世界大会でも、準々決勝で対戦し3-1で勝った相手

  である。

 しかし、なめてかかってしまっては足元をすくわれてしまうこと

  がよくある。

 ゆめゆめ油断などせずに、きっちり勝ち上がることを期待して

  いる。

 またそこに勝つと、準決勝は中国ではなくシンガポールになっ

  たとのことである。

 願ってもない組み合わせである。

 こういうことは、滅多にないのである。

 ぜひ、このチャンスをモノにして一つ上のメダルを勝ち取って

  欲しいと願っている。

« 日本女子決勝トーナメントへ・世界卓球選手権大会 | トップページ | メダル死守日本女子・世界卓球 »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/10810539

この記事へのトラックバック一覧です: 世界卓球・男子も決勝トーナメントに進出:

« 日本女子決勝トーナメントへ・世界卓球選手権大会 | トップページ | メダル死守日本女子・世界卓球 »