2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中島杯争奪卓球大会にきています | トップページ | 世界卓球・男子も決勝トーナメントに進出 »

2008年2月27日 (水)

日本女子決勝トーナメントへ・世界卓球選手権大会

Cimg1093  P1010839

■世界卓球選手権大会も4日目を迎え、ここまでのところ予選

  リーグを日本男女が快調に勝ち進んでいる。


 特にも女子は4戦目となる最大の難敵、韓国戦とラストジュー

  スにもつれ込む大接戦を福原が勝ち、逆転勝利で準々決勝

  進出を決めた。



 本日最終戦となるフランス戦が残っているが、負けても直接

  対決で勝っている韓国より上位となるために確定した。


 
 これで、かなりメダルが有望となってきた。



 というのも、これで上位3チーム(中国・香港・シンガポール)と

  の準々での対決はなくなりそうで、(それぞれが予選1位通過

  するとみて)可能性が高くなったのである。



 当初から、私は韓国戦をメダル獲得のヤマと見ていたので、

  本当に良くがんばってくれたと思っている。


 報道によれば、平野が韓国の唐選手(韓国NO1、中国帰化

  選手)を破るなど2点を挙げる活躍で、チームの窮地を救った

  最大の功労者のようである。


 何しろ、唐選手には私も勝つのが難しいと思っていたので、

  それに勝ったことが勝因のすべてだったと言っても過言でない

  ほど、この一点は大きかったのである。


 それにしても、平野選手は絶好調のようである。


 ひと皮向けたというか、戦い方がわかってきたのではなかろう

  か。


 これでまた、これからの楽しみが増えてきた。


 世界ランク上位選手とどういう戦いをするのか、ぜひとも見た

  いものである(残念ながらTV放映がないのであるが・・・)。



 ここでの戦いによって、また北京への大きな躍進へのキッカケ

  となって欲しいと願っているからである。



 さて、平野選手だけに光をあてているが今回は福原選手も復

  調しているようであり、海外選手に強いという評価を取り戻した

  かのような活躍である。


 また、福岡選手もその異才ぶりできっちり自分の役割を果たし

  ているようである。


 ここまでの戦いを見る限り、チームとしての結束感や勝利への

  執念がいつもより感じられるし、何よりも勢いに乗っているよう

  に感ずる。


 久しぶりに、頼もしい日本女子チームを見たような気分である。


 銅メダルはほぼ固いと思われるが、次の準決勝(たぶん中国)

  でもがんばってその上を目指して欲しいと願っている。




■一方、男子チームもここまで3戦全勝と好調に走っている。


 まだ、難敵のドイツ、セルビア戦も残っているがこの勢いで

  予選リーグを1位で抜けて欲しいと期待している。


 水谷もエースとして安定感のあるプレーで確実に勝ち星を挙

  げているようであり、それに続く吉田・韓陽も全勝と調子がよさ

  そうである。


 こちらも女子と同様に、これからが大いに楽しみであり、もしか

  するとメダルに届きそうな予感もするのである。


 そのためにも予選はなんとしても全勝で抜けてほしいのである。


 前回14位という汚名を挽回するとともに、北京へ向けての弾み

   となるような、メダル獲得はそれほど日本にとっては大きな力

  になるものと思っている。


 今回はその意味でも本当に大きなチャンスなのである。


 選手団には気迫を込めて、死にもの狂いでがんばって欲しいので

  ある。

« 中島杯争奪卓球大会にきています | トップページ | 世界卓球・男子も決勝トーナメントに進出 »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/10795075

この記事へのトラックバック一覧です: 日本女子決勝トーナメントへ・世界卓球選手権大会:

« 中島杯争奪卓球大会にきています | トップページ | 世界卓球・男子も決勝トーナメントに進出 »