2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 河野満の卓球・ペン型選手育成講習会から | トップページ | 伊藤繁雄の卓球・ペン型育成講習 »

2008年2月14日 (木)

ジャパントップ12卓球大会を観戦して

Cimg1643  

■先週、ジャパントップ12卓球大会を観戦してきたので、その感想

 を書きます。



 結果は既報の通り、男子が吉田海偉選手、女子が平野早矢香

 選手の優勝と順当な結果に終わった。



 吉田選手については、予選リーグでの下山選手(早大)とのフルセ

 ットの戦いが、唯一危ない試合であった。 



 それを除けばやはり現状では水谷選手と並んで男子では他との差

 がはっきりしているように感じた。




 一方女子の平野選手については、準決勝の石川選手とフルセット

 の大苦戦をしたが、それ以外は全くの全試合ストレート勝ちと、二

 番手以下とは大きな差がついてしまっているように感ずる。




 今回も全日本と同じ樋浦選手との決勝だが、樋浦選手も現時点

 では次位筆頭の力をつけてきたと見るべきだろう。



 予選リーグでは福岡選手に勝ち、準決勝では福原選手にストレー

 ト勝ちとオリンピック代表の二人に勝っているのである。 しかも、内

 容が実力勝ちと言えるほどの文句なしの勝ち方である。



 ただ、残念なのは石川選手との対戦が見れなかったことである。



 全日本では勝っているのだが、今回の石川選手と平野選手の試合

 を見る限り、明らかに進化している石川選手とどちらが強いのか、も

 う一度やらせてみたかったのである。



 それにしても、石川選手は着実に成長してきているなということを実

 感する。



 平野選手と真っ向から打ち合う戦いぶりは、今の女子選手には見

 られないスケールの大きさを感ずるし、大器としての予感を感じさせ

 る魅力を持っているのである。
 


 間違いなく日本の女子を背負って立つ選手になるであろう。




 その他では、中学生からは男子・平野(秀光中等)、町(青森山

 田中)、女子・森薗(青森山田中)選手が出場したが、やはりシニ

 アとは大きな差があった。



 高校生では、男子・上田(青森山田高)、女子・若宮(尽誠高)、

 藤井(四天王寺高)選手だが、上田選手が坂本・渡辺選手に勝

 って準決勝に進出した頑張りが目立った。


 
 若手では、今後の活躍が注目される期待大の選手である。



 全体的には、男子が水谷・岸川のオリンピック代表が不参加となり、

 盛り上がりにかけた内容であったし、女子については、オリンピック代

 表の3名が揃っての出場で、予選リーグから興味ある試合も多かっ

 たが、一方ではオリンピック選手が以外の選手に負けるのを見て、

 全日本に続いてがっかりした大会だった。



 本当に、これでオリンピックはベストメンバーなのだろうかと疑問が湧

 いた大会だった。

« 河野満の卓球・ペン型選手育成講習会から | トップページ | 伊藤繁雄の卓球・ペン型育成講習 »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/10500969

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパントップ12卓球大会を観戦して:

« 河野満の卓球・ペン型選手育成講習会から | トップページ | 伊藤繁雄の卓球・ペン型育成講習 »