2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 卓球五輪アジア予選・水谷・岸川・福岡ともに出場権 | トップページ | 日卓協理事会があり上京します »

2008年3月12日 (水)

高橋尚子「あきらめなければ夢は叶う」

Etegami016

■二日ブログを更新せずにきたが、なんか休むと気持ちに引っかかる

 ものがあって気になるものである。

 別に時間がないとか、書きたいことがないという理由でもないから

 自分がサボッているような気になってしまうのである。

 毎日書くということを、自分の日常の実践目標に課しているからだが、

 今回はまた新しい挑戦が加わって気が散らないようにそのことに集中

 したかったからである。

 だから、軌道にのるまではブログもあまり窮屈に考えないで、マイペ

 ースでいきたいと思う。


 今日はまた、朝から大船渡にきている。

 日中は会社での仕事をして、夜は子供たちの卓球教室がある。


 毎週、こういった盛岡と大船渡の往来であるが生活にメリハリがあっ

 て新鮮だし、また子供たちの指導も目標があって楽しいのである。




■先日は、久しぶりに名古屋国際マラソンでのTV中継を興味深く

 観戦した。
 
 それは、高橋尚子の復活がなるかどうかへの期待と、できれば優勝

 してオリンピックの出場権を獲得して欲しいという願いからである。

 結果は承知の通り、早々の脱落で自己最低の記録と残念な結果

 に終わってしまった。

 が、私はそのがっかり以上に彼女のレース振りやその後の言動に

 よって救われたというか、高橋尚子の人間的なすばらしさに感動して

 しまった。
 
 普通ならば、金メダルの頂点にたった人間であれば、あれだけの

 屈辱的な敗北は耐えられないものと思うが、キケンをせずに最後

 まで完走したこと。

 また、ゴール後も悪びれずにスタンドに向かって一礼する姿。

 インタビューでは完敗を素直に認めてのさわやかな応答とその内容

 に、これぞスポーツマンの見本というべき人間的なすばらしさを感じ

 たのである。

 彼女のもともとの資質なのだろうか。

 もちろんそれもあると思う。

 しかしそれ以上に、過酷な訓練や厳しい試練を積み重ねて、頂点

 を極めたものだけがたどりつく精神の境地に入っているようにさえ思

 えるのである。

 あまりにことばが立派なのである。 純粋なのである。

 彼女はレース前に目標を聞かれた時、自分の心境に重ね合わせ

 「あきらめなければ夢は叶う」ということを伝えたいと言った。

 もう、彼女はマラソンは自分のタメに走るのではなく、それを通して

 国民に夢や希望や勇気を与える存在であるということを自覚してい

 るのだろう。

 だから自分の負けた姿からも何かを伝えたかったのだろうと思うし、

 また実際に感動したり励まされた人もたくさん居たことと思う。

 彼女は、引退しますか?という質問に、まだまだ挑戦し続けるという

 答えをしていた。

 そのことばにすごく感動したし、今回は夢は叶わなかったが、これで

 終わりではないのである。

 また、終わって欲しくないのである。

 何度挑戦しても良い。 立ち上がる姿が見たいのである。


 「あきらめなければ夢は叶う」ということをぜひみんなに伝えて欲しいのである。

« 卓球五輪アジア予選・水谷・岸川・福岡ともに出場権 | トップページ | 日卓協理事会があり上京します »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/11206458

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋尚子「あきらめなければ夢は叶う」:

« 卓球五輪アジア予選・水谷・岸川・福岡ともに出場権 | トップページ | 日卓協理事会があり上京します »