2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 31年ぶりの決勝ならず・世界卓球男子 | トップページ | スポーツ大陸・新井周特集を見て »

2008年3月 3日 (月)

中国が男女ともに優勝・世界卓球

Cimg0857

■世界卓球選手権大会が昨日閉幕した。

 結果は男子が4連覇、女子が8連覇と圧倒的な強さで優勝を

 飾った。

 男子は決勝、韓国に3-0と圧勝。

 女子はシンガポールに1点を落とすも、層の厚さからして負け

 る要素が全くないほどの開きがあった。

 北京五輪を前にして、いささかの不安を感じさせることがない

 ほどの中国の充実ぶりを感じた大会であった。

 なにしろメンバーが凄い。

 男女ともに世界チャンピオンを3人も揃えたチームはかってな

 かったのではなかろうか。

 これでは万に一つも勝てそうにないと思えるほどの贅沢な布

 陣である。

 今回で北京もほぼ当確とみられるが、試合は何が起こるかわ

 からない。

 奇跡ということがあるかも知れないのである。

 これからの期間他国がどこまで強化をはかり肉薄していくのか。

 独走に待ったをかける国が現れることを期待したいし、それ

 が日本チームであることを願いたい。

 
 今回、日本は男女ともにメダルを獲得した。

 このことを素直に喜びたいし、日本卓球界に希望をもたらして

 くれた功績は大きい。

 特にも男子のメダル獲得の意義は大きい。世界が見えてきた

 からである。

 これで、今まで女子の陰にかくれてきていた男子も間違いなく

 勢いづくことと思う。

 まずは、北京オリンピックである。

 メダル獲得の死守である。

 そのためにも残された期間、自分のすべてをかけて鍛錬に励ん

 でもらいたいと思っている。

« 31年ぶりの決勝ならず・世界卓球男子 | トップページ | スポーツ大陸・新井周特集を見て »

「卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/208670/10892920

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が男女ともに優勝・世界卓球:

« 31年ぶりの決勝ならず・世界卓球男子 | トップページ | スポーツ大陸・新井周特集を見て »