2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Trend Match

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ

2008年6月

2008年6月 9日 (月)

早大卓球場で

Cimg2130

■今日は午前・午後と卓球教室での指導があった。

 朝から気温も高く暑い中での練習だったが、みんなの熱い気持ち

 がそれを感じさせないほどの集中ぶりであっという間に過ぎてし

 まった感がしている。

 先週の土曜日には理事会・評議員会も無事に終わり、新体制

 でのスタートが始まった。

 北京オリンピックでは愛ちゃんの最年少での旗手が決まったよう

 で、卓球界にとっては嬉しいニュースである。

 やはり、中国での人気や評判・知名度などが評価されたのだろ

 う。

 卓球への注目度もまた上がるだろう。

 ぜひ今回は悲願のメダル獲得へのチャンスであり、男女揃って

 のメダルを熱望している。

 さて、今回上京の機会を利用して久しぶりに早大卓球部に顔を

 だしてきた。

 リーグ戦の祝勝会にも参加できなかったこともあり、選手にお祝い

 を伝えたい気持ちもあったからである。

 同期の稲門幹事をしている友人と卓球場で待ち合わせをして、

 選手の紹介や練習を見学させていただいた。

 規定練習が終わった時間で、全員が揃っての練習ではなかった

 がそれでも多くの学生たちが熱心に自主練習に励んでおり活気

 に満ちたものだった。

 選手では一年で活躍した笠原選手や女子主将の梶原選手など

 を紹介され、リーグ優勝のお祝いをするとともにインカレへの

 激励をしたが、応対もしっかりして頼もしい限りである。

 本当に今後の活躍がますます楽しみになってきている。

2008年6月 5日 (木)

高体連卓球大会感想

Etegami050

■先週は3日間高総体の卓球に出かけてきた。

 速報でも書いたが、結果は専大北上高が男女とも3冠に輝き、

 合わせて史上初の6冠を獲得して閉幕した。

 まずは、専大北上高の快挙に拍手を贈りたい。

 とくにも女子は、ここ1~2年優勝できる力がありながら盛岡女子

 高の伝統の底力に跳ね返され、涙を飲んできた。

 それだけに、初優勝でしかも3種目の完全優勝は今までの悔しさ

 を一気に跳ね返した感がしている。

 監督・選手のこれまでの長く、苦しい、厳しい挑戦がようやく報われ

 たものと心から祝意を表したい。

 一方盛岡女子には16連覇という大記録がストップしたが、いつか

 は途切れるものであり早く心を切り替えて、次の大会へ向けて猛

 練習に励み雪辱を期して欲しいものである。

 ライバル校が互いにしのぎを削りながら、高いレベルで競い合って

 いくことは本県にとってはとても必要なことと思っている。

 その意味ではベスト4に入った大野高や盛岡二高などもレベルは

 接近しており、これからの訓練の質・量次第だと思っている。

 全体的な感想としては、男子は専大北上高と大野高が層の厚

 さで他校とはかなり差が開いているように感じた。

 また、個人では大野高ががんばりベスト4に3人が入ったが小嶋

 選手(専北)が頭一つ抜き出ているように感じた。

 小嶋はこれまでも、時々ポカをするところがあったがやはり実力は

 NO1であることを示した戦いであった。

 今回注目していた選手は、専北の1年高橋選手と中学優勝者

 の水沢高・菅原選手だった。

 高橋は評判通りの素質の高さを随所で発揮していたが、プレー

 ぶりがまだまだ雑なところがあり集中力や勝利への執念が甘いと感

 じた。結果はベスト8で敗退した。

 優勝するだけの力は持っていると感じたし、これからの鍛え方次第

 であろう。

 菅原に関しては、やはり高校生ではカットを打つ技術が中学レベ

 ルとは格段に違うということを実感したのではないか。

 カットだけでは通用しないということがはっきりしているので、攻撃プ

 レイや多彩な変化技を身につけるなどのスタイルに転換しなけれ

 ば相当に厳しいと思った。

 女子は、総じて昨年の新人戦とあまり変わり映えもなく新戦力と

 なる選手もあらわれなかった。

 技術的にこじんまりした印象である。

 ハッとするプレイや凄いと思わせるような技術を持った選手が見ら

 れなかった。

 今のプレースタイルで勝ち上がっていくためには、やはり個々の

 技術の格段のスケールアップをはかっていかないと県外では通用し

 ないと思う。

 つまりは速さであり強さであり或いはコースの厳しさであり、そういっ

 た面の一段のレベルアップである。

 そのためには、まず体力面の強化が不可欠であり筋力アツプに努

 めることを毎日欠かさず行うことである。

 また、技術練習ではラリーのピッチを早くする、或いは強打で打ち

 合うなど各技術のレベルを一段高く設定してそれが普通のレベル

 になるようにハードルを高くしていくことだろう。

 フットワークしかり或いはブロック、SV・RVなど同様なのである。

 厳しい練習の繰り返しが限界を超えてゆくのである。

 ぜひ、これからの訓練を期待し東北や全国大会で良い成績を上げて欲しいと願っている。
 

« 2008年5月 | トップページ